サツグルメ!

コンビニ販売食品と、札幌近郊の食べ歩き日記(炒飯、カレー、スイーツ)です。

松屋の「香味醤油ハンバーグ定食」が美味しすぎて、2日連続で食べに行った。明日も食べてもいいくらいに美味しい!

松屋に行って来ました。

採点★★★★★

Untitled

我らが松屋。
カレーをよく食べに来るのですが、なんとなく期間限定のハンバーグを食べてみましたらば。

ここ最近食べたハンバーグの中で、ダントツの美味しさでして、あまりの美味しさに2日連続で食べてしまいました。

 

松屋 茄子とネギの香味醤油ハンバーグ定食

Untitled

▲茄子とネギの香味醤油ハンバーグ定食 650円

2018年8月14日から提供されているメニューです。
期間限定とは明記されていませんが、どうなのでしょうね。

 
 
Untitled

ハンバーグって、大抵美味しいじゃないですか。

でも、逆に言うと、どこで食べても安定して美味しいということです。 ハンバーグを注文して失敗した記憶は、僕にはありません。

だからこそ、あえて食べたいと思うことは少ないんですよね。

期間限定メニューとして、なんちゃらハンバーグ定食とかあっても、なんとなく別のを選んじゃう。

でも、

松屋の香味醤油ハンバーグ定食は違った!

このハンバーグが食べたい!と思わせてくれるメニューでした。

 
 
Untitled

公式の説明では、こう書いてあります。

『鉄板でふっくらジューシーに焼き上げた松屋のハンバーグに、お酢やレモン果汁が入った醤油ベースのソースがかかった夏らしい、さっぱり甘酢っぱい逸品です。』

そう、この「甘酸っぱさ」がもう最高!

僕はカレーでも単に「辛い」は嫌で、「甘辛い」のが好きです。

それがハンバーグにも言えるとは。

ハンバーグというと、肉汁たっぷりでジューシーな肉厚ハンバーグが美味しいとされます。でも、そういうハンバーグで美味しいのは高級な肉を使っている場合です。 お手頃価格のハンバーグだと「普通に美味しい」というレベルじゃないですかね。

もしくは、濃厚なデミグラスソースがかかっていたり?

まぁ、それも確かに美味しくはあります。想定の範囲内で。

高いお金を出せば、そりゃあ高級な肉を使っているのでしょうし、美味しくても当たり前的な印象になります。むしろ、普通のレベルだと逆に「うーん、それほどでもないか?」とか思ったり。

松屋の凄いところは、安いんですよ。650円ですから。

肉も正直、全然高級感はありませんが、甘くて酸っぱいソースが絶妙に美味しくて、テンション上がります。

ハンバーグって、こうじゃなくちゃね。っていうハンバーグ。

四の五の言わずに、一度は食べてみるといいです。

 

あとがき

Untitled

松屋は安定してどれも美味しいのですが、油断してるとたまにこうやってホームラン級のメニューを出してくるんですよね。

しかも、パッと見ではあまり気づかないような、定番メニューでそれをやってきます。

今回だって、正直、メニューの写真を見て凄く食べたくなったわけではなく、「いつもカレーだし、たまには別のものでも食べてみるか。」と選んだメニューでした。

ポスターでも美味しそうな写真が載っているのですが、でもまさか、こんなに美味しいとまでは分からないもんなぁ。食べてみないと分からない。

万人にオススメできるので、絶対みんな食べたほうがいい。

「甘酸っぱい」にピンと来た人は、今日にでも食べていただきたい。 いつまで提供されるメニューなのか分からないのでね。

ホントにおすすめですから!

てか、松屋さん、これグランドメニューにして下さい! お願いします!