サツグルメ!

コンビニ販売食品と、札幌近郊の食べ歩き日記(炒飯、カレー、スイーツ)です。

【調理器具】中華鍋が焦げ付くので再生すべくメンテナンスしてみた。

僕は家でほとんど料理はしないのですが。

炒飯だけは大好きなので、たまに料理します。

なにせ、炒飯を作るために中華鍋や高火力コンロを買ったくらいですから。

でも、しばらく使ってないと、たまに使った時に油膜で禿げてて焦げ付いたりするんですよね。

メンテが面倒でずっとそのまま使ってたのですが、ようやく重い腰を上げて再生処理をすることに。

結構疲れました。

 

こんな状態でした

P1060173.JPG

▲買った時以来、なにもメンテナンスしてない中華鍋です。

 
 
P1060174.JPG

▲焦げの跡。たわしで擦っても残ってます。

 
 
P1060179.JPG

▲中央の底も。炒飯を作る時、卵が焦げ付くんですよね。

 

中華鍋の再生

 
といっても、僕は素人なので、サイトを参考にやってみました。

参考サイト: 鉄のフライパンを再生してみました・実践レビュー - 調理器具は手の延長

 
 

P1060192.JPG

サンドペーパーを買ってきました。
100番と180番の2種類。
ちなみに、番号が大きくなるほどキメ細かくなります。
頑固なコゲがあるなら80番くらいからやって、仕上げに200番前後でやるのが良いらしいです。

 
 
P1060183.JPG

まずは中華鍋をクレンザーでよく洗います。

 
 
P1060185.JPG

金たわしでゴシゴシ。
表面の油をちゃんと取ります。

 
 
P1060196.JPG

ここからが大変!

100番のサンドペーパーで、中華鍋の内側を地道に擦ってピカピカにしていきます。
これがまた地味な作業で疲れるし、時間がかかるんですよ。
黒い粉が出てくるので手も真っ黒になります。
適度にゴミ箱に捨てながら作業しました。

 
 
P1060200.JPG

これで30分くらいやった状態。
まだ斑模様が残ってますが、手も疲れてきたのでギブアップ。
もういいや〜。

ここで一旦、クレンザーで全体を洗います。
 
 
P1060202.JPG

中華鍋に再度焼入れして、全体を玉虫色にしてやります。
これを雑にやると焦げ付きの原因になるようですので、しっかりと。

がっちりやるならトーチバーナーが良いです。
ホームセンターにも売ってます。

 

 
 
P1060205.JPG

最後に油ならし。
古い油を多めに入れて、弱火で5分〜10分ほど。
鍋を傾けて、端のほうまで油がつくようにしてやります。

 
 
P1060206.JPG

古い油を捨て、新しいサラダ油に入れ直して、クズ野菜を炒めてやります。
パチパチと音が鳴るのが心地いい。

 

とりあえずは再生したっぽい

 
この後、油ならしとクズ野菜炒めを2セットやって完了しました。

実は、以前にも一度、同じように中華鍋を再生しようとして、同様の手順を踏んだことあるんですが、その時は失敗したんですよ。 油ならしをちゃんとやらなかったせいか、卵を炒めるとすぐ焦げ付いてしまって。

焦げちゃうと使おうって気がおきにくいですね。

どうやら、再生処理をした後というのは、鍋に油がなじんでコーティングされまで少し回数が必要らしく。 一回油ならししただけだと焦げ付くケースもあるようです。

このへんは詳しくないので、はっきりした事がわからないのですがね。

完全に油膜が出来るまでの間は、使う前に以下の手順を踏んだほうが良さそう。
①中華鍋を強火で温める。
②古い油を入れて、端のほうまで油をなじませる。(油ならし)
③古い油を容器に移し、新しい油で調理を始める。

これをやったら、今回は卵を焼いても焦げ付きませんでした。やったぜ!

炒飯を美味しく作るには、やっぱり鉄製の中華鍋が一番いいです。

よーし、また自作炒飯やりはじめようかな。

 

山田 鉄 打出木柄 中華片手鍋 30cm

山田 鉄 打出木柄 中華片手鍋 30cm