サツグルメ!

コンビニ販売食品と、札幌近郊の食べ歩き日記(炒飯、カレー、スイーツ)です。

【東京】スープにつけて食べる炒飯。塩味であっさりです。

東京都千代田区の『東京炒飯 Produced By 赤坂璃宮』に行って来ました。

採点★★★☆☆

 
P1030504.JPG

東京駅内グランスタダイニングにあります。
ここ、改札の内側にあるんですね。
知らずに一度、改札から出てしまい、また入り直すという事をしてしまいました。
もったいねー。

 
 
P1030505.JPG

初訪問の時には、その店ならではのものを注文するのがいいのです。

 
 
P1030506.JPG

■極上スープかけ特製チャーハン 1,550円

 
シャレオツな炒飯だけに、値段も結構なものです。
これ、炒飯よりもスープに手間がかかってるのだろうか。

 
 
P1030752.JPG

まずは、スープにつけずにそのまま食べます。
塩味というだけあって、上品な味ですね。
ラーメン屋や中華ハウスで出てくる炒飯と違い、油っこくなくて、サラッとしてます。

ただ、炒飯としては物足りない味付け。
炒飯というよりも、炊き込みご飯のようなイメージでしょうか。
素材の味はしっかりしてますけれども。

 
 
P1030753.JPG

さて、スープにつけてみましょうかね。

 
 
P1030516.JPG

ちょっとずつやってみました。

まずはスープだけ飲んでみたのですが、手間暇かかってそうなスープですね。
ダシがきいてるというか、たんなる中華スープとは別物です。
ただ、スープとして美味しいかというと、そうではなくて、やっぱり出汁なんでしょうね。

さて、炒飯と一緒に食べてみます。
ほうほう、なかなか美味しいです。
単品で食べてる時と違って、味に深みがでました。
もともとついてる塩っ気と相まって、ようやく味がしっかりした感じです。

でもこれは、最初からスープにつけちゃうと、スープが足りなくなりそうです。
1/3から1/2くらい食べてから、スープに移るといいかもしれません。
味も変わるので、二度楽しめますしね。

 
 

◎あとがき

なかなかオシャレでおもしろい炒飯でした。
でも、やっぱり高いです。
炒飯って、小洒落たものじゃなくて、安くて手軽で美味しいのがいいのです。
僕の好みとしては、高級中華レストランの味よりも、中華ハウスの庶民の味が合ってますね。
なので、たまに食べるくらいがちょうどいいかなぁ。

 
 

関連ランキング:中華料理 | 東京駅大手町駅二重橋前駅