サツグルメ!

コンビニ販売食品と、札幌近郊の食べ歩き日記(炒飯、カレー、スイーツ)です。

【千歳】こりゃあ、生ソフトクリームですよ!

新千歳空港の『Boren』に行って来ました。

採点★★★★☆

 

f:id:mayoi_inu:20150807003953j:plain

搭乗口付近にこじんまりとあるので、場所は地図を見ないと分かりにくいかもしれません。

 

 

f:id:mayoi_inu:20150807004004j:plain

ソフトクリームでこの値段。プレミア感ありありです。

 

 

f:id:mayoi_inu:20150807004010j:plain

この2つの数字、すごいですね。

何がすごいかというと、やっぱり乳脂肪分です。

ここで一旦、アイスクリームについて整理します。

まず、アイスクリーム類っていうのは、こんな感じで分類されるのです。

 

・アイスクリーム・・・乳固形分15%以上、乳脂肪分8%以上

・アイスミルク・・・乳固形分10%以上、乳脂肪分3%以上

・ラクトアイス・・・乳固形分3%以上

 

一般的には、乳脂肪分が高いほど美味しいとされています。

更に、具体的な商品例はこんな感じ。

 

・アイスクリーム・・・ハーゲンダッツ、森永ピノ、森永PARM

・アイスミルク・・・ロッテ雪見だいふく、森永MOW、グリコジャイアントコーン

・ラクトアイス・・・明治スーパーカップ、ロッテ爽、グリコパピコ

 

こう見ると、森永ってすごいですね。

 

更に更に細かく言うと、乳脂肪分は、

・ハーゲンダッツ(バニラ)→15%

・MOW(濃厚ミルクバニラ)→9%

・ピノ→8%

・PARM→8%

 

ハーゲンダッツは別格としても、市販のアイスクリームでも9%あれば高いほうなのです。ソフトクリームに関して言えば、一般的には5%前後、高級なものでも8%前後だそうです。

ちなみにソフトクリームとは、厳密には「出来たてのアイスクリーム」を指す言葉で、あくまでアイスクリーム類の一種であり、その成分によって、「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」に分類されるのだそうです。

随分長々と書きましたが、ようは、このソフトの12.5%という数字はかなり高いのです。そして、多くのソフトには生クリームは入ってすらいないとの事。

もはやこれはソフトクリームじゃないんじゃね?ってくらいです。

 

 

f:id:mayoi_inu:20150807004019j:plain

■クレミア 500円

 

商品を渡される時、溶けやすいのでお早めにお召し上がりください、と言われます。

おお、確かにもはや少し垂れてきている。

すばやく写真を撮って食べ始めたのですが、 こりゃプレミアムだわ。

乳脂肪分のおかげでミルク感がかなりアップしていながらも、なんとも言えないコクがあります。そして尋常じゃないクリーミーさ。

さっきも書きましたが、これはソフトクリームというカテゴリから体半分くらい出てるんじゃないでしょうか。

 

しいて言うならば、生ソフトクリームですよ。

 

コーンのかわりにラングドシャになってるのも納得。確かにコーンは合わないですよコレ。柔らかいために強めに持つと潰れちゃうので注意が必要ですが、クリームとは合っていますね。

いつも食べたくなる味かと言われるとそうではないですが、こういういかにも高級なソフトクリームっていうのもあって良いのではないでしょうか。

また食べに来たいと思います。

 

 

 

昼総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:喫茶店 | 新千歳空港駅