サツグルメ!

コンビニ販売食品と、札幌近郊の食べ歩き日記(炒飯、カレー、スイーツ)です。

肉は控えめ、あっさり炒飯。みんなが美味しく食べられる安心の味。

札幌市西区の『いこい』に行って来ました。

採点★★★☆☆

Untitled

西区役所のすぐ近くにあります。
駐車場はないので注意。

 

飯処 いこい

Untitled

いかにも地元の定食屋さんらしい店内です。

 
 
Untitled

▲炒飯 大盛り 750円

メニューにあれば頼む一品。
それが炒飯でございます。

 
 
Untitled

まずはスープから出てきました。
こういうのは嬉しい。
炒飯と同時に出されるよりも、メインができてくるまでの繋ぎとして飲めますので。

温度はびっくりするくらい熱々だったので、冷ましながら飲みました。
安心の中華スープという感じでした。

 
 
Untitled

大盛りにしたので、なかなかの盛りです。

いざ、実食。

と、その前に。

運ばれてきた時の匂いで、なんとなく分かる。
これはアレですね、おっかさん炒飯ですね。

食べると予想的中、あー懐かしい感じですねぇ。

炒飯って店のタイプによって味が大別できまして。

ひとつは、ラーメン屋さんの炒飯。
これはコショウが強めでスパイシー。コクはあまりなくて、味の強いラーメンの脇役として食べるタイプです。

またひとつは、中華屋さんの炒飯。
これは単体で食べる用に、飯が味がしっかりついているタイプ。コショウは控えめでコクがあります。

またまたひとつは、中華レンストランの炒飯。
単体で食べる用に作られていつつも、飯の味をかなり控えめにして、具材の味を引き立ててあるタイプ。かなり上品です。

最後が、定食屋の炒飯。
あまりパラパラしておらず、ちょっとしっとり。化学調味料によるコクがあって、コショウもほどほど。ある意味、一番炒飯らしい炒飯かもしれません。

こちらのお店の炒飯は、まさに定食屋の炒飯でした。

肉系があまり入っていないので、脂の旨味はないですが、そのぶんあっさりしている感じで食べやすい。

誰が食べても納得の、ど定番炒飯でございました。

大盛りにしても最後まで味もしっかりあって、美味しく食べられました。濃すぎず、薄すぎず、ちょうどいい加減だからですね。

 

あとがき

Untitled

誰が食べても納得できる味って、当たり前のようでそうでもありません。

他店との差別化を図ろうとすると、独特な味になったりますのでね。

家の近所にあっていつもいくような店って、こういうお店だと思います。

「そう、こういうのが食べたかった」と思わせてくれる味って大事です。

また来よう。

 

アクセス

店舗: 飯処 いこい
TEL: 011-642-6886
住所: 北海道札幌市西区琴似1条7丁目3-25
営業時間: 11:30〜20:30
定休日: 日祝