サツグルメ!

コンビニ販売食品と、札幌近郊の食べ歩き日記(炒飯、カレー、スイーツ)です。

【動画付き】安定のマイベスト炒飯。札幌でココを超える味になかなか出会わない。

札幌市東区の『玉林酒家』に行って来ました。

採点★★★★★

 
Untitled

店前に駐車場4台分(だったかな?)と、道路を挟んで向かい側にも駐車場があります。
昼時は混むので、向かい側にも駐車場があるのを覚えておくべし。

 

玉林酒家 チャーシュー炒飯

Untitled

ここに来ると、どうしても開いてしまうこのページ。
美味しいからしょうがない。

 
 
Untitled

▲チャーシュー炒飯 780円

もう何度食べたことか、この炒飯。

炒飯は大好物なので、他店でもいろいろ食べるのですが、やはりここへ戻って来ます。

なんといいますかね。

味のバランスが非常に非常に丁度いいのです。

ご飯にしっかりと味がついていて、濃すぎず、薄すぎず。

コショウをふってないので(隠し味程度にはふってるかもですが)、舌がヤラれることもなく。

肉の旨味も十分にあって。

嗚呼、これです。この味です。

炒飯って、味の加減が結構難しいというか、しっくりくる味って意外とありません。

そもそも大好物なので、どこで食べても美味しいのですが、その中でも好みの味ってあるんですよね。

僕の場合は、まず味がしっかり付いてないと嫌。 でも濃すぎると飽きるので、これまた嫌。 薄い味ながらも、最後までちゃんと味がする炒飯がいいのです。

あんかけとかキムチとか、具材が前に出ているのも避ける傾向にあります。 まぁ食べれば美味しいんですけど、それって炒飯じゃなくなると思うわけですよ。 丼ぶりに近くなるわけです。

僕は炒飯が食べたいのだ。

そんなワガママを全部満たしてくれる玉林酒家のチャーシュー炒飯。

素晴らしい。

 
 
Untitled

▲焼き餃子 610円

高確率で炒飯と一緒にオーダーしてしまう一品。

ここの餃子は、皮が厚くてもっちりしていて、おかずというよりも主食で食べるタイプです。 厚い皮がご飯の代わりをしてくれますから。

お味は、ニラ餃子というよりも、肉餃子って感じでジューシーです。

小籠包とまではいきませんが、適度に肉汁もあって食べごたえがあります。

あ、なので、そのままかぶりつくと肉汁が飛び出てきて危険です。事前に皮に箸で穴を開けてから食べると、そこが逃げ口になって肉汁が飛び出して来ませんよ。あまり大きく開けすぎると、せっかくの肉汁が全部出ちゃうので程々に。

 

動画で紹介

大したものじゃないですが、動画も撮って来ました。

youtu.be

 

あとがき

Untitled

いつ来ても、とても美味しい炒飯です。

チャーシューの他に、普通の炒飯と、えびレタス炒飯がありますけど、やはりチャーシュー炒飯がおすすめですね。

肉の旨味はとっても大事。

野菜を摂るなら、別の副菜で。

ここに来ると、いつも炒飯なので、次回こそは別のメニューを食べることにしよう。

 

アクセス

店舗: 玉林酒家
TEL: 011-784-5668
住所: 北海道札幌市東区北四十三条東16-1-10
営業時間: 11:00~14:00, 17:00~23:00
定休日: 第1第3月曜日