読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サツグルメ!

コンビニ販売食品と、札幌近郊の食べ歩き日記(炒飯、カレー、スイーツ)です。

炒飯好きのための炒飯専門店。こういうのでいいんですよ、炒飯ってさ。

札幌市西区の『居酒屋えんがる』に行って来ました。

採点★★★★☆

 
Untitled

▲焼豚ちゃーはん大盛 650円

なんとオーソドックスな見た目なことよ。
炒飯に派手さはいらないのです。

 

居酒屋えんがる

Untitled

ここは、夜17:00〜23:30は居酒屋、昼11:30〜14:00は炒飯屋というちょっと変わったお店。
僕は昼しか来たことがないですが。

そしてもうひとつ特徴は、スープじゃなくて豚汁がついてきて、更に2回までおかわり無料なところです。

 
 
Untitled

おかわり無料といっても、チープな豚汁じゃなくて、具材もしっかりしてます。
大根、にんじん、じゃがいもはもちろんのこと、えのきやちくわまで入っている豪華汁です。さすが居酒屋、食材は豊富ですねぇ。

んで、いつも思うのですが、炒飯に豚汁って満足度がかなり高いんですよ。

炒飯って基本はご飯じゃないですか。おかずがないわけじゃないですか。だから具だくさん豚汁は「汁物兼おかず」の役割になるわけなのです。 この組み合わせ、他でもやってほしいわー。

 
 
Untitled

んで、メインの炒飯。

決して濃い味ではなく、かといって薄味でもなく、ほど良い味付け、ほどよいコク。 化学調味料てんこ盛りの味付けとはまた違うんですね。

美味しい炒飯って、こんなのですよ。ガツンとくる味じゃないのだけれど、薄っぺらい味じゃなくて、ほんのりとしっかりした味がついてます。 味が濃すぎたり、コショウが濃すぎたりすると、食べ終わる頃には味がわからなくなってますからね。ほどよい味付けって大事です。

これは「とりあえずメニューにはあるよ」っていう炒飯とはまったく別物。 炒飯好きが納得できる炒飯でございます。

さすが専門店。分かってらっしゃる。

 

あとがき

Untitled

営業時間が特殊なのと、店前の駐車場が2台分しかないので、いつでも気軽ってわけにはいかないかもしれませんが、名店であることは確かです。

そもそも炒飯専門店ってほとんどないですからね。それだけでも貴重です。

そして、ここは「炒飯が好きな人が来る店」だと思います。炒飯に対してそれほど思い入れがない人が来ても、まぁ他の店とあまり変わらないんじゃない?と思うかも。 炒飯の味って劇的に差がつくものではないですから。

でも逆に、炒飯が好きなのであれば。

一度は食べてみて頂きたい。

また来たくなる味ですよ。

 

アクセス

店舗: 居酒屋えんがる
TEL: 011-671-8502
住所: 北海道札幌市西区西野二条2-8-13
営業時間: 11:30〜14:00,17:00〜23:30
定休日: 日祝