読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サツグルメ!

コンビニ販売食品と、札幌近郊の食べ歩き日記(炒飯、カレー、スイーツ)です。

モロゾフの「濃密プレミアム カスタードプリン」を食べた。全てが高品質。

スイーツ スイーツ-★3 普通に美味しい 地域 地域-札幌市 中央区

札幌市中央区の大丸札幌内『モロゾフ』に行って来ました。

採点★★★☆☆

 
P1011108

2016年4月1日〜6月19日までの期間限定品。

以下、広告の文章。

パリッと割る一瞬の心地よさ。あとのせキャンディプレート。
 
ふわっと口どけ。その希少性から”至高のバニラ”とよばれるタヒチ産バニラビーンズを使用した濃厚クリーム。
 
ぶるんっとした食感。豊かな自然の中、こだわりの飼料で育てられた「奥丹波のたまご」を使用。濃厚なコクと昔ながらの味わいに仕上げたカスタードプリン。

 

モロゾフ 濃密プレミアム カスタードプリン

D55_0068

▲モロゾフ 濃密プレミアム カスタードプリン 486円

普段はあまり利用することがないモロゾフなのですが、なんとなく気になったので買ってみました。

 
 
D55_0069

こちらが後のせキャンディプレート。
キャラメルかな?

 
 
D55_0049

モロゾフだけあって高級感あるビジュアルです。
瓶も微妙にライン入ってたり。

 
 
D55_0054

下を覗くと、カラメルソースが。
これは液体タイプですね。
高級プリンは大抵これですけども。

 
 
D55_0055

では、キャンディプレートを取り出しまして。

 
 
D55_0070

フタをあけまして。

 
 
D55_0071

のせる!

 
 
D55_0061

割る!

と思いきや、スプーンを入れると固くて割れずにプニュッとクリームが出てきます。
ゆっくり差し込むとダメなので、強めに、えい!っといくと良いです。

 
 
D55_0075

後から分かったのですが、キャラメルプレートはスプーンでコンコン!と叩いて割るのがいいみたい。
勢い良くね。

 
 
D55_0073

では、一口。

うほー、キャラメルが歯にくっつく。
キャンディプレートというだけだって、まさに飴ですね。

生クリームは、バニラとの事でしたが、キャンディ抜きにしても控えめの味わい。 バニラというかホイップのように感じました。 ただ物凄くキメが細かく丁寧に作られてますね。

そして本体のカスタードプリン。
公式サイトの説明では和三盆糖が使われてるとの事。 最近流行りなんでしょうか和三盆糖。 ローソンのプリンでも使われてました。

和三盆糖のプリンの印象は、やっぱり上品な甘さ。 変に強めの甘さじゃなくて、控えめに、かつしっかりした甘さになってる印象です。

さて、このプリン。
4層になってるのもポイントでしょうね。

普通のプリンは最後に濃いカラメルソースで締めるのが一般的ですが、これは最初からキャンディプレートがあります。

カラメルソースほどの濃さはないですが、食べ始めからキャラメルの味を楽しむことができるという。 しかも、この2つは濃さが違いますから、最初にプレートを食べ終わった後でも、最後のソースはちゃんと美味しく頂けます。

このあたり、プレートを1枚のせただけなんですけれど、楽しみ方が全然変わります。

うまいなぁ。

 

まとめ

D55_0068

後のせサクサクと言えば、どん兵衛の代名詞だと思ってましたが、まさかプリンでやってくるとは。

定番のカスタードプリンなので、ガツンとくる美味しさではないですが、ひとつひとつが丁寧な作りで、さすが有名店という感じです。

たまのご褒美として如何でしょうか。

 

アクセス

店舗: モロゾフ TEL: 011-828-1172
住所: 北海道札幌市中央区北五条西4丁目7 大丸札幌店 B1F
営業時間: 10:00~20:00
定休日: 元旦のみ休業