サツグルメ!

コンビニ販売食品と、札幌近郊の食べ歩き日記(炒飯、カレー、スイーツ)です。

北菓楼札幌本館のカフェで本館限定キッシュを食べて来た。

札幌市中央区の『北菓楼 札幌本館』に行って来ました。

採点★★★☆☆

 
P1060783

2016年3月18日にオープンしたばかりの店舗です。
札幌では初となる路面店となります。

 

北菓楼札幌本館カフェ

P1060725

1階は菓子などが販売されてますが、2階にはカフェがあるんです。
カフェの営業時間は10:00〜18:00。
そのうち食事ができるのは11:00〜15:00です。

 
 
P1060809

テーブルは11卓だっけな?(おぼろげな記憶ですが)

 
 
P1060702

これを食べに来ました。
札幌本館限定品。

 
 
P1060772

▲キッシュ 680円

メニューに書いてあった説明を引用すると、

北海道産の小麦とバターをつかった、自家製パイを外はサクサク、中はしっかりと焼き上げたキッシュに野菜を添えて。キッシュは、フランスのアルザス地方でポピュラーな「ベーコン&オニオン」と、春から夏の季節のキッシュ「アスパラ&コーン」の2つ。

 
2種類のキッシュのようですね。

 
 
P1060773

お皿に「KITAKARO」と書いてあります。
シンプルだけで可愛らしいです。

 
 
P1060759

まずは野菜から食べましょうか。
ドレッシングは青じそです。
さっぱりしてて美味しゅうございます。

 
 
P1060774

では、メインにいってみましょう。

 
 
P1060776

こちら「コーン&アスパラ」。
ふんふん、説明どおり凄くサクサクした生地です。

 
 
P1060778

ナイフで切るとザクザク言いますね。
僕は普段こんな小洒落たものは食べないもので、ナイフ使いにあたふたしながらの食事です。

生地が凄く香ばしいですね。
やっぱり作りたてはこのザクザク食感と香ばしさが美味しいのでしょう。

アスパラとコーンも良く合ってます。

 
 
P1060779

こちらは「ベーコン&オニオン」。

あ、こっちのほうが好き。
ベーコンは至高ですなぁ。

どう考えたってこの組み合わせで美味しくないわけがありません。 生地とも合ってますね。

この手の料理はあまり比較対象がないもので、気の利いたコメントが出てこないのですが、そのへんで買って食べる菓子パンなんかとは全くの別物です。「ザクザク&香ばしい」ってだけでこんなに違うんですね。

そういえば焼きたてパンだって、なんで焼きたてが美味しいかというとこういう事ですからね。外はサクサク、中はしっとり。食感ってやっぱり大事なんだなぁ。

 

まとめ

P1060775

札幌本館でしか食べられない限定キッシュ。

食事というよりも軽食なので、これでお腹はふくれるわけじゃないですが、女性なら十分かもしれませんね。 野菜もつくし、コーヒーもつくし。

最後に、こちらを利用する際の注意点をひとつ。
北菓楼のカフェは砂川本店の例を踏まえると、結構待ち時間があります。 来店時間帯にもよるでしょうが、30分〜1時間くらいは待ってもいいという気持ちで行くのが良いかと思います。

でもここのオムライスは本当に絶品で、待ってでも食べる価値がある美味しさですよ。 醤油ベースの珍しい和風オムライスです。ぜひ一度食べて頂きたい。

オープンしたばかりなので、しばらくは混雑しますし、札幌本館限定品のキッシュと迷うところでしょうが、気になる方は是非どうぞ!

 

アクセス

店舗: 北菓楼 札幌本館
住所: 札幌市中央区北1条西5丁目1-2
TEL: 0120-700-752
営業時間: 10:00〜19:00
カフェ: 10:00〜18:00(食事は11:00〜15:00)
駐車場: なし

 
▼札幌本館のオープニングレビューも書いてます

 
▼砂川本店のレビューはこちら