読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サツグルメ!

コンビニ販売食品と、札幌近郊の食べ歩き日記(炒飯、カレー、スイーツ)です。

【自作】シンプルな味付けの塩チャーハンを作ってみた。

自作 自作-炒飯作ってみた

今日は珍しく自炊シリーズです。

ちょっと前に、気になるチャーハンレシピを見つけたんですよ。

 
きほんのチャーハン ぜひとも、 この通りに

 
この炒飯は、調味料は「塩」と「白こしょう」のみ。
あとは、具材の味を生かすという方向とのこと。

こういう炒飯はあまり食べたことがないので、やってみたいと思っていたわけです。

採点★★★☆☆

 

ということで

P1060210.JPG

シャカシャカ〜!

材料や調理方法は冒頭のレシピを見てもらうとして。
作ってみました。

「ぜひとも、このとおりに」と書いてあるので、分量は計量器でちゃんと計って作りました。

 
 
P1060224.JPG

はい、完成〜。
二人前のレシピでしたが、当然のように一人で食べますよ。

 
 
P1060226.JPG

食べてみましたらば。

あー、なるほどなー。

塩ね。

うん、塩ね。

最初に感じたのはコーン。
そういえば、バターコーンを作る時にも、最後に塩をひとつまみ入れると甘さが引き立ちますものね。 居酒屋厨房でバイトしていた時の記憶が蘇ったぜ。

続いてシーチキン。
シーチキンの旨味がしっとり全体に染みてる感じ。
ラードの代わりを担ってるかもしれない。

シンプルな味付けだけに、ガツンとくる美味しさではないです。
でも、悪くない。

濃い味付けだと食べきる前に飽きる味付けもありますが、この炒飯は最後まで飽きがきません。薄味で素材の味を生かしてますから。

ただ、

炒飯大好き人間としては、食べ進めているうちにちょっと物足りさを感じてきます。

炒飯というよりは、コーンご飯という感じかなぁ。
味がちょっと足りなくて、食べる時に塩を足しながら食べました。 そうすると甘みも増していい感じ。

 

まとめ

P1060227.JPG

飲食店でもあまり見ることのない塩チャーハン。
自宅で作るからこその味わいかもしれません。

これをオススメしたい人は、少し年配の方かな。
濃い味付けや、脂っこい料理がちょっとキツくなってきた方々。
油っこくなくて、素朴な味付けで、すうっと食べられるのではないでしょうかね。

逆に、若い層の受けは悪そう。
たぶん「味が薄い!」って言われます。
この上から醤油とかかけちゃったりして。

なので、若者へは普通に醤油ベースで創味シャンタン等の化学調味料を入れてやるのがいいかな。

手軽にいくなら冷凍炒飯って手も。
最近の冷凍物はほんとに美味しいですからね。
特に、味の素のザ・チャーハンは冷凍とは思えないくらい絶品ですよ。
一度お試しあれ。
 

 
▼美味しい冷凍炒飯を紹介しています
最強の冷凍炒飯を、独断と偏見で決めたいと思う。 - いつもマイナーチェンジ!

 
▼簡単に美味しくするなら挽肉を使うといいですよ
【自作】家で作る炒飯を簡単に美味しくするヒント -サツグルメ!