読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サツグルメ!

コンビニ販売食品と、札幌近郊の食べ歩き日記(炒飯、カレー、スイーツ)です。

「ルー」というよりも「あん」。中華屋さんのカレーはトロトロです。

札幌市中央区の『五修堂』に行って来ました。

採点★★★☆☆

 
P1040517.JPG

大通りのテレビ塔のすぐ近くにあります。
結構街中ですね。

 
 
P1040519.JPG

店前には3台分くらいの駐車場があります。
街中なのに駐車できるのはありがたいです。
ここが埋まってたら、最悪、ちょっと北に行けば有料パーキングもありました。

 
 
P1040520.JPG

店内は中華屋さんというか、定食屋さんという感じです。

 
 
P1040523.JPG

ここはカレーが美味しいという話を聞いてやってきたのです。
でも炒飯もあるので悩ましい。
ぐぬぬぬぬ。

 
 
P1040527.JPG

■中華風カレーライス(大盛) 800円

 
大盛りにすると100円増しです。
ちなみに、食後のコーヒーも付いてます。

 
 
P1040546.JPG

まず、スープから。
おー、ペッパーが強くてスパイシーです。
このくらいの濃さのほうが好みかも。
スープが美味しい店って、個人的にはポイント高いです。
期待してない部分なので、得した気分になりますから。

 
 
P1040547.JPG

見た瞬間から、普通のカレーとちょっと違うのが分かります。
トロみが凄い。
「ルー」というよりも、「あん」に近いです。
なるほど、名前が中華風カレーライスというのは、こういうことだったのですね。

 
そして一口食べてみましたら。
おー、中華です確かに。
まさに「あん」です。
分かりやすく言うならば、カレー味の「あん」。
中華飯などにかかっているものを、カレー味にした感じです。

 
 
P1040549.JPG

スプーンですくっても中華飯っぽいですね。
ある意味、見た目どおりというか、コクはあまりなくて、あっさり食べられます。

具材は、大きめの豚肉と大きめのタマネギ。
どちらも存在感ありますね。
特にタマネギは、火を軽めに通してあるだけで、ザクザクした食感と、ちょっと辛味が残っています。
このへんの火加減もカレーというよりも中華丼っぽさがあります。
ふむ、面白いカレーですね、これ。

 
 

◎あとがき

一風変わったカレーライスでした。
ジャンル的にも中華に入るような料理なので、ちゃんとしたカレーを食べたい時にはちょっと違いかもしれません。
でも、こういうカレーもあっていいかな。
豚肉のボリュームも含めて満腹感は高い一品です。

 
 

関連ランキング:中華料理 | バスセンター前駅大通駅西4丁目駅