サツグルメ!

コンビニ販売食品と、札幌近郊の食べ歩き日記(炒飯、カレー、スイーツ)です。

【東京】ご飯への味付けで食べる炒飯。4段階の味の変化もおもしろい。

東京都港区の『チャーハン王』に行って来ました。

採点★★★☆☆

 
P1030555a

ニューしんばしビルの1階にあります。
駅のすぐそばなので、田舎者の僕でも迷わず行けました。

 
 

P1030761.JPG

炒飯は何種類かありましたが、まずは王道から。

 
 
P1030762.JPG

P1030763.JPG

専門店だけあって、こだわりの説明が書いてました。
ここは言うとおりにしてみましょう。

 
 
P1030765.JPG

セットのスープです。
これを、スプーンを使わずに飲むといいそうです。

ふむ、ダシが効いたスープですねー。
中華スープとは違った味わい。
ただ、これ単体で美味しいかというと、その点では普通の中華スープのほうが美味しいです。

 
P1030764.JPG

■チャー王セット 980円

 
ここの炒飯は、具材ではなく、ご飯自体に味を付けているのだそうです。
コンセプトは、『お米を最高に美味しい味付けで食べてもらう』。
変わったコンセプトですね。
一口食べてみると、確かにご飯に味がついています。
どんな味かというと、ちょっと説明が難しい。
うーん。
これもダシっぽい味というのでしょうかね。

食べ慣れていないせいもあるかもですが、正直、美味しいかいうと、そうでもないです。
普通に食べられる味という感じでしょうか。

 
マニュアル(?)では、次はスープと一緒に食べるのがいいらしい。
先日食べた「東京炒飯」と同じ食べた方ですね。
そうやって食べると、確かに美味しい。
塩気のある薄味に、ダシが効いたスープは合います。

 
 
P1030767.JPG

続いて、特製タレをかけます。
炒飯用のタレがあるのは、ここで2店目です。
ひとつめは札幌西区の「えんがる」。
そういえば、そこも炒飯専門店だったなぁ。

さて、タレをかけて食べました。
おぉ、味がだいぶ変わります。
僕のやっぱり塩よりも、醤油っぽい味付けが好みです。
ここまできて、ようやく炒飯らしくなったというか、好きな味になってきました。

 
 
P1030768.JPG

P1030769.JPG

最後は、タレに加えて、特製ラー油をかけます。
うんうん、これが一番美味しい。
ちょっと辛味があって、醤油ベースで。

でも、最初から全部これで食べて美味しいかというと、ちょっと違うかもしれない。
この炒飯は、徐々に味を変えてこそ、楽しめるものなのかもしれないとも思ったり。
一度、最初から試してみたいけど、東京だものなぁ。

 
 

◎あとがき

専門店というだけあって、独特のこだわりが感じられる炒飯でした。
北海道にも、こういう店が増えてほしいなぁ。
こういうところって、通ってみてこそ楽しいので。

 
 

関連ランキング:中華料理 | 新橋駅内幸町駅汐留駅