サツグルメ!

コンビニ販売食品と、札幌近郊の食べ歩き日記(炒飯、カレー、スイーツ)です。

相変わらずハズレがない名店

札幌市中央区の『パティスリーシイヤ』に行って来ました。

採点★★★★★

 

img_20150110c

バナナのケーキなんて、めずらしい。

 

img_20150110g

■アルル 470円

 

ショーケースの説明によると、

「口の中で広がるオレンジをまとったバナナの香り。全体を包み込むふくよかなマダガスカルバニラの香り、バナナ・オレンジ・バニラこの3つの素材の個性と調和」とあります。

 

これ、本当に調和してました。

この3つの組み合わせなんて初めて食べましたけども、とっても美味しい!

なんというか、ホント絶妙です、としか言いようがないです。

一番上の層はほんのりとしたバナナムース。

その下にオレンジの層。

スポンジを1層はさんで、バニラムースがあります。

味はオレンジが一番強いのですが、バナナとバニラも上品ながらしっかり感じます。

なんというか、ホント絶妙です。(二度目)

 

本日の一番のヒットでした。

 

 

img_20150110b

見た目がなんとも美味しいそう。

 

img_20150110f

■タルト・フロマージュ 360円

 

見るからに焼き目が美味しそうなチーズタルトです。

 

ショーケースの説明によると、

「サクサクのパイ生地にチーズのコクたっぷりです」とあります。

 

これもまさにそのとおり。

タルトというと、生地はクッキーに近いものが多いですが、これはパイ生地です。

そして、その上のチーズが、上品でコクがあります。

これ、「チーズが濃厚」だったらクドくなっちゃうと思います。

濃厚ではなくて、控えめでありながら、コクがある。

これまたとても美味しゅうございました。

 

 

img_20150110a

前回、前々回と買いそびれたのがコレです。

 

 

img_20150110e

■タルト・ショコラフォンダン 360円

 

なんかもう見た目からして美味しいそう。

そして、期待どおりに美味しかったです。

 

ショーケースの説明によると、

「初めに歯にクッと強めに当たり、次に口の中でスッと溶け出し、わずかな苦味が押し寄せます。」とのこと。

 

クッと強めに当たるのが、上ののってる石のように見える小さいチョコ。

結構歯ごたえのあり、ひとつひとつがしっかりしたチョコです。

その下には濃厚で苦味のあるビターチョコがびっしりと入っています。

これまた美味い。

これだけ濃厚でありながら、もう一つ続けて食べたくなるほどの美味しさ。

ビターチョコだからクドくないのでしょうか。

美味しいケーキって、甘さの質がほんとに絶妙ですね。

 

 

img_20150110d

やばいと思いつつも4品目に目がいったしまいました。

 

img_20150110h

■クレーム・キャラメル 340円

 

ショーケースの説明によると、

「卵の持つコクとうまみがたっぷりと味わえる、とろける様な口当たりのプリンです。シンプルなお菓子ですが、こだわりを持って作りました。」との事。

 

ここの店に書いてある説明は、今のところすべて真実です。

言葉どおり、そのまま信じても問題ない。

コクのあるプリンは他にもたくさんあるのですが、なんというかコクの質がとても僕好み。

ただ甘くて濃厚というわけじゃなくて、程度が絶妙で本当に美味しい。

他のケーキほど、他店との違いはないものの、さすがパティスリーシイヤのプリンです。

 

 

今回も我慢できずに4つも食べてしまいました。

したがって、晩飯抜きです。

それでも「我が判断に一片の悔いなし!」と思えるほど、どれも美味しいケーキでした。

今回で来店3回目ですが、ひとつもハズレがないというのは本当にすごい。

僕の中では間違いなく「札幌No.1」の洋菓子店です。

 

 

 

 

関連ランキング:ケーキ | 西28丁目駅西18丁目駅円山公園駅