読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サツグルメ!

コンビニ販売食品と、札幌近郊の食べ歩き日記(炒飯、カレー、スイーツ)です。

【小樽】対面厨房は親しみやすいけど・・・

炒飯 炒飯-★2 マズくはないけど

小樽市の『五香飯店』に行って来ました。

採点★★☆☆☆

 

IMG_3829

 

 

IMG_3830

炒飯と書いてヤキメシと読む。

厳密には、作り方の工程に違いがあるようなのですが、そのへんの細かいことは気にしてなさそうです。笑

 

 

IMG_3832

■ヤキメシ 780円

 

ここはあえてヤキメシと呼ぶことにします。

写真だとわかりにくいかもしれませんが、かなりのボリュームです。

普通の量のひとまわりくらい巨大な盛りになってます。

もちろん、これで普通盛りです。

お味のほうなのですが、コクがない薄味なので、かなり物足りない。

五目炒飯のような具材が入っているので、その具材の味のほうが強かったです。

炒め具合もパラパラというより、ちょっとモサッとしていました。

正直、この味でこの量を食べるのはちょっとキツかった。

 

 

IMG_3837

ひとつ興味深かったのは、大粒の挽肉が入っていたこと。

いや、挽肉というよりも、小粒の豚肉というほうがいいかもしれません。

白いのでご飯と見分けにくいですが、スプーンの左下あたりに白い肉があるのが分かるでしょうか。

挽肉よりも肉の食感はっきりしているので、こういうのもありなんだなぁと思いました。

 

 

IMG_3833

■餃子 520円

 

でかいです。

これも写真だとわかりにくいかもしれません。

比較対象を置いとくべきだった。

 

 

IMG_3834

中には挽肉がぎっしり詰まっています。

サイズが大きいので、これだけでかなりお腹いっぱいになるくらいです。

ただ、残念だったのは、皮がベチョっとしてるのです。

作るのを見ていた時、入れる水の量が多いなぁと思って見ていたのですが、心配したとおりになってました。

味じゃなくて食感が悪いというのはもったいないですね。

餡自体はジューシーで美味しかっただけに残念です。

 

 

IMG_3836

もうひとつおもしろかったのは、ラー油にゴマが入っていたこと。

スプーンですくうと下のほうにゴマが沈んでます。

風味がよくなって美味しいタレになりました。

これは家でも真似できますね。

 

さて、このお店。

 

僕が好きなメニューは、あまり口に合いませんでした。

でも、常連さんが数名来ていて、カウンター越しに談笑しながら料理しているのを見ていると、このあたりの人たちの馴染みの店なんだなぁと感じました。

夫婦お二人で料理していたのですが、奥さんが気さくに話かけてきてくれます。

カウンター席の前に、すぐ厨房があって、料理しているのを見ながら会話ができるので、常連さんであれば待っているあいだも退屈しないんですね。

僕は僕で、料理しているのを目の前で見られるので、それだけでも退屈しなかったです。

こういうシチュエーションのお店は、常連になりやすいかもしれないです。

居酒屋やバーなんかと違って、こういう食堂は多くの場合、店の人との会話自体がしにくいんですよね。

僕のよく行くお店も厨房が奥にあることが多いので、会計の時にちょっと会話するくらいしかできない。

マスターと普通に会話できる、こういう作りの店は素直に「近くにあればいいのになぁ」と思えました。

それだけに、味が口に合わなかったのが残念です。

中々うまくかみあわないものですね。

 

 

 

昼総合点★★☆☆☆ 2.0

 

 

 

関連ランキング:中華料理 | 小樽駅南小樽駅